大学受験を通して、知ってほしいこと

 

僕が、大学受験を通して学んだことがらです。どうしても知っておいてほしいので、
手紙形式で紹介します。かなりの長文ですが、読んでもらえると嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------------


「親愛なるキミへ」僕の勉強法を紹介します。




最初に言い訳をしておきます(笑)


メモ帳やノート、いろいろなところに気の向くままに思いついたことを文章に書き、
それをむりやりつなげたものなので読みにくい文章になってしまいました。


書体もいろいろと混じっています。申し訳ありません。でも書いていることは、私の
体験といろいろな人の体験を合わせたものなので、役に立つと思います。文章力不足
で読みにくいところもあると思います。2回、3回と繰り返し読んでもらえると嬉し
いです。



勉強の仕方としては次の通りです。

1.参考書を決める、勉強のやり方を決める。
2.自分が決めた、参考書、勉強法を信じてとにかく頑張る。
3.ある時、急に理解できる瞬間がくる。この瞬間までひたすら頑張る。




1.参考書を決める、勉強のやり方を決める。

資格でも、大学受験でもなんでもそうですが、まずは予備校や学校に通ったり、参考
書を書店で探したり、どうやって勉強をするか考えると思います。



予備校、学校、参考書、勉強のやり方、はどこでもいい、なんでもいいです。あくま
で直感で選んでください。「あっ、なんとなくよさそう」と思った程度でいいです。



ただそこで注意することは、あくまでも自分で判断して下さいということです。他の
人が言っているから、講師が言っているからという理由で、決めるのはやめておいて
ください。



もちろん人の話を参考にすることはいいとは思いますが、それを鵜呑みにしては絶対
に成績は伸びません。大学受験でも、うまくいっている人の勉強法をマネする人がい
ます。



しかしマネをした生徒は、あまり成績はあがりません。その勉強が効率のいい勉強法
であるか、そうでないかということ以前に、勉強においてはその勉強法を信じられる
かどうかがすべてです。



他人のマネをして勉強して結果が出なかったら、「これはあいつだからうまくいくだ
け。俺はあいつほど頭良くないし」と思い、どうしてもその勉強法を信じられません
自分の決めた勉強法を信じて続けることが一番重要です。



勉強法はなんでもいいです。ただ次のことだけは覚えておいてください。大切なこと
は、とにかくスピードです。スピードを上げるしかありません。100パーセント理
解することは、それこそ100パーセントムリです。5、60パーセントあるいはほ
とんど理解できていなくてもどんどん進めるようにしましょう。



とにかく立ち止まらない、理解できなくても、勉強を続ける。そうしていると、不思
議なことに、気づいたら理解できるようになっています。




2.自分が決めた勉強法を信じてとにかく頑張る。

こうやって勉強をしていくということを決めたら、後はひたすら自分の信じた方法で
勉強を続けます。勉強法は人によってさまざまです。最初に「あ、いいな」と思った
やり方は必ず正しいです。



自分で思いついた勉強法は、なんとなく思いついた、なんだかよさそうといったレベ
ルのものかもしれませんが、それは自分のこれまでのすべての経験を総動員して判断
したものです。その判断を信じるかどうかは、結局は自分を信じられるかどうかです



いいと思った勉強法は、今までのあらゆる自分の経験を加味して判断したものです。
だから遠慮することはない、まわりにごちゃこちゃ言われたからといってやめる必要
はない。そんなことをするのは自分の人生に失礼です。とにかく自分の決めた勉強法
を信じて、続けてください。




3.ある時、急に理解できる瞬間がくる。この瞬間までひたすら頑張る。

まず覚えておいて欲しいことは、どんな勉強(仕事でも習い事でも、おおよそ新しく
始めたことすべてにおいて)でも最初はまったく結果がでません。やってもやっても
ひたすら0の連続、怖いほど自分の思ったように進みません。本当にイヤになります
でも、やり続けるしかありません。



自分のが信じた方法をやり続けていたら、ある日突然、できるようになります。この
ある日、突然できるようになるということを信じて、とにかくやり続けるしかありま
せん。


成長曲線 成長曲線

怖いのは、自分は勉強してもしても全然進まない。まわりの人たちはその間にもどん
どん頭がよくなっている(実際はまわりも進んでいない)ような気がする。自分はま
ったく進んでいない。まわりは進んでいる。勉強すればするほど、なんとなくおいて
いかれるような気がする。自分ひとりだけマイナスに進んでいるような気がしてしま
う。正直ガマンできない。


成長曲線

でも安心して下さい。みんなそうです。私もそうです。今もこれを自分の戒めのため
に書いています(笑)そこでガマンしてください。自分の信じた勉強法を信じてくだ
さい。



まわりからわんやわんやと言われます、自分も自分に向かって「これでいいのかな」
「ほかのやり方のほうがいいかも」などいろいろと自分自身に投げかけます。



前にも言いましたが、最初に決めた勉強のやり方は、たとえ瞬時に判断したものでも
自分が今まで生きてきた知識、経験を総動員して判断したものです。だから絶対に正
しいです。



そんなことで自分を疑うことは自分がかわいそう。どうか今までの自分の人生をもっ
と信頼してあげてください。ある日、突然理解できる瞬間が訪れます。絶対にです。
それを期待して、頑張ってください。



私は大学に入学してから、勉強法や暗記法ということに興味があり、いろんな人に聞
いてみました。本もたくさん読みました。分かったことがあります。勉強法は無限に
あります。ある人にとっては最高の勉強法が、ある人にとってはこれだけは避けたほ
うがいい勉強法ということもありました。



だから、私は、勉強法はなんでもいいと思います。自分がいいと思ったやり方で続け
ていたら間違いはありません。よく言われる表現ですが、山の頂上はひとつしかない
でも頂上に行くまでのルートは無限にある、ということです。



どんな勉強のやり方でも、自分が信じたやり方で続けていると、ある時、急に理解で
きるようになる。このことだけを覚えておいてほしいです。それまでは自分の信じた
勉強法、自分の最初の判断を信じて、とにかく続ける、それしかありません。



まわりからいろいろといわれます。それ以上にしんどいのは、「これであっているの
だろうか?」「はたして正解なんだろうか?」と自問自答が始まることです。こうな
ると正解はありません。



はじめから効率を考えていては勉強できません。確かにもっと効率のいい勉強法があ
るかもしれません。でもそれを考える時間を考えれば、自分の思いついた勉強法で勉
強を続けるほうがはるかにいいです。



作家の中谷彰宏さん言っていました。「間違っていることは何もない。唯一の間違い
は、いま自分の歩んでいる道は正しいのかと立ち止まること」



物事は急に成長します。それはある時、急にやってきます。ただ、それまでに今自分
のしていることが間違っているのではないかと、別のやり方に変えたら、またふりだ
しです。



せっかくあと一歩のところまで来ているのに、また最初からです。自分のことを信じ
ないで、ころころとやり方を変えていては何事も絶対にできるようになりません。


成長曲線



急に理解できるようになったあとの注意点

自分の信じた勉強法で勉強を続けていると、ある時、急に成長する瞬間があります。
本当に驚きます。昨日までまったく理解できなかった問題が、すらすら解けるのです
感動します。なかなかうまく表現できません、それほど急激に変化します。


成長曲線


ただ、ここで注意しておいてほしいことは、それは自分ひとりの実力ではないという
ことです。確かに勉強を続けているので、実力はある程度ついているでしょう。いい
結果が出た、そこであぐらをかいていると次第に成績は落ち、もとの状態に戻ります



だから、成績があがったときがチャンスであり、一番の難関です。ある時、急に成績
が上がる。本当に急上昇します。昨日まで苦労していた自分はなんだったんだろうと
いう感じで・・・



よくわかりませんが、私はそれを神様からのギフト、プレゼントだと思っています。
それは今まで頑張ってきた自分への神様からのプレゼント、ご褒美です。解けるよう
になった、できるようになった、と慢心してはいけません。それは自分の実力ではな
くて、単に神様が手助けしてくれて出た結果に過ぎません。



神様はいつまでも手助けをしてくれる訳ではありません。ほとんどの場合、手助けし
てくれるのはその一瞬です。成績が急上昇する。そこで最大限の努力をしないといけ
ません。



その一瞬を大事にする、自分にも理解できた瞬間、解けたことがあると、それを大事
にしてください。



急に理解できた時に最大限の努力をする。それでも次のテストの結果は前回よりは落
ちます。そこで、落ち込んではいけません。前回は神様からの手助けがあり、出せた
結果。今回は100パーセント自分の実力です。成績が落ちたとしても落ち込む必要
はない。自分の実力は以前より確実に上がっています。



それ以降もがんばってがんばっていると、次第に成績が急上昇したところに戻り、そ
れ以降もがんばっていると、次第に成績が急上昇したところに戻り、それがアベレー
ジになります。そうなったら、それは自分の実力です。



もし、成績が急上昇したときに慢心して、やめてしまうとすぐにもとの理解できない
状態に戻ってしまいます。


成長曲線



いい例が野球のイチロー選手。彼が1軍で活躍した最初の年は1994年です。彼は
その1軍デビューした1994年に最も多くヒットを打っています。



その後日本にいるときはヒット数では、1年目の1994年を追い越したことはなか
ったと思います。



イチロー選手は振り子打法と呼ばれフォームがこれまでにない独特なものでした。そ
のため、まわりからいろいろと言われたと思います。非難の数は私たちの比ではあり
ません。



それでも自分を信じて信じ抜いて、バッティングフォームを変えなかった。自分を信
じて、信じて、信じ抜いた結果、1994年の大ブレイクにつながりました。



彼が偉いのは、1994年の成績で慢心しなかったこと、その年の彼は、当時の彼の
実力以上のものが出ていたと思います。それは自分を信じて、ひたすれ練習してきた
ことに対する神様からのギフト、彼はそのことが分かっていた。だからその後も努力
を怠らなかった。そこが彼を超一流にしたポイントです。



他のスポーツ選手、芸能人、私たちもそう。急に勉強ができるようになる、急に仕事
ができるようになる。そこで慢心してしまう。今までの努力が報われた。自分はもう
これで大丈夫だ。ここまでいったんだから少しぐらい手を抜いてしまってもいいだろ
うと。



でもうまくいったのは、神様の手助けがあったからであって、自分の実力ではない。
ここで手を抜くと、しばらくすると元の状態に戻ってしまう。不幸なのは、自分がな
ぜうまくいかなくなったのか理解できないこと。あの時は、このやり方でうまくいっ
たのにと固執する。自分の実力プラス神様からの手助けがあったのだからうまくいっ
ただけ。そのことに気づいていさえいればうまくいったのに・・・本当にもったいな
い。



突然うまくいく人は、少なくとも今まで地道にコツコツ努力してきた、だから神様か
らギフトをもらえた。



神様も心をもっている。せっかくギフトを与えたのに適当に扱われては怒ってしまう
ギフトを適当に扱う人には、よっぽどのことがない限り2度とギフトを与えようとし
ない。



神様からもう一度ギフトをもらうのは大変なこと。一度目のギフトをもらう前より、
どん底の状態になる。だから与えられたギフトは何よりも大切にしなくてはいけない



今まで、神様という言葉をたくさん使いました。私はこのほうた理解しやすいので、
そう理解しています。でも、神様という言葉に違和感を覚えるようでしたら、次のよ
うに理解して下さい。



脳はものごとを記憶する時は、既存のデータと新しいデータを結びつけて物事を理解
します。



脳はいろいろな情報を結びつけて理解していきます。ちょうどインターネットのウェ
ブをイメージしたら理解しやすいでしょうか。昔は、パソコン1台、1台が独立して
いたので、処理能力はたかだか限られたものでした。それがウェブでつながることに
より、膨大な量の情報を処理できるようになりました。



急に理解できるようになるとは、ある情報が違う情報と結びつけば2の情報量に、2
の情報量をもつ情報同士が結びつけば、情報量が2×2の4の情報量に、次につなが
れば4×4の16の情報量にと急激に成長します。



その次は32、次は64、128、256、512、1024・・・ととてつもない
スピードで成長します。これが急に理解できるようになる原因です。



コンピュータならこれでいいのですが、脳はコンピュータと違い心を持っています。
脳は、現状を維持しようとプログラミングされています。人間は変化のない方が楽に
生きられる、あるいはあまりに急激な変化は困るので、現状を維持するように設定さ
れています。



理解できるようになったからといって、そこでサボっていると、その現状を維持しよ
うとするプログラミングによって、すぐに元の理解できてなかった時の状態に戻りま
す。



元に戻ってしまうということは、脳は、その理解できた状態が心地悪い、理解できて
いない状態のほうが心地よい。だから元の理解できていない状態に戻ったとインプッ
トしてしまいます



落ちたあと、もう一度がんばろうと思っても、なかなかできるようになりません。脳
は理解できた状態が心地悪いと思い込んでいるからです。



だから、もう一度できるようになるには、一度目よりもかなりの努力が必要となりま
す。



だからこそ、急に理解できた瞬間がいちばん大事なのです。ここで踏ん張れば、脳に
とってその理解できた状態が当たり前となり、今度はその状態を維持しようとします。



脳の説明は、専門家ではないので、厳密なところまであっているかどうかわかりませ
ん。確か、こんな感じだったなという気持ちで書いています。もし、間違っていても
気にしないでください。でも、イメージとしてはあっていると思います。




終りに
長文になりましたが、言ったことをまとめておきます。


1.自分の信じた勉強法をとにかく続ける。よほどのことがない限り、決して変えな
  い。「なんとなくダメそう」「まわりから自分のやり方を否定された」「違うや
  り方のほうがうまくいきそう」これらのささやきはすべて無視。100パーセン
  トの根拠がない限り、変えないほうがいい。


2.勉強はとにかく前に進む。理解できていないところがあっても気にしない。勉強
  においては立ち止まることが一番の間違い。理解できていなくても、不安になっ
  ても前に進む。あとは、スピードが大事ということも忘れないように。


3.ある日、突然できるようになる。でもそれは、自分の実力ではない。今までがん
  ばってきたことに対する神様からのご褒美。そこであぐらをかいていると、しば
  らくするとまた元のできない状態に戻る。そこで、これは実力以上のものがたま
  たまでているだけ、と謙虚に受け止め、がんばる。すると、やがてそれが自分の
  実力になる。




「叶う夢だからこそ、あなたに宿る」という言葉を聞いたことがあります。自分の夢
をなんとなく言っているだけでは、まわりは何も言ってきません。でも本気で夢に向
かって走り出せば必ずまわりからいろいろと言われます。「無謀だ」「ムリ」「やめ
ておいたほうがいいよ」いろいろ言われます。でも本当になりたいのなら、それらを
すべて吹き飛ばすしかありません。



「叶う夢だからこそ、あなたに宿る」のです。私も国立をけってまで浪人したとき、
まわりからいろいろと言われました。



一生懸命がんばりました。結果はダメでしたが、そのおかげで今書いているようなこ
とを理解することができました。自慢じゃないですが、今はどんなことでもできる自
信があります。



結果がまったくでなくても、あと少し、あと少しがんばれば急にできるようになる。
結果が出たら、それは神様からのギフト、それを大事にして、もっとがんばる。これ
さえ忘れなければ、どんなことでもうまくいきます。



どんな難関でも大丈夫です。あとはそれを信じて続けられるかどうかです。変化は急
にやってきます。それを信じてニコニコしながら、毎日楽しんで生活して下さい。


----------------------------------------------------------------------------



長い長い文章を読んでくれてありがとう。心から感謝します。少しでも役に立てても
らえれば嬉しいです。感想を下さると嬉しいです magdai@hmg-gen.com



河見賢司



 

HOME 通信教育 プロフィール メルマガ 数学問題 勉強法